Archive | 1月 2014

看護師の求人が増えてきている?

今では医者不足だと言われていますが、同時に看護師も不足しているそうで、求人の数も増えているのだそうです。
やはり医療系の仕事は忙しく誰かの為に、または医師をサポートしたりする仕事ですので大変ですがとてもやりがいを感じることのできる仕事だと思います。
確かにお休みが少なかったりしますが、現在ではローテーションで回しているところが多いので休みが取れない、といった心配もあまりないそうです。


看護師のやりがいはなんだろう?

看護師の求人広告は良く見かけますが、実際に看護師になって働くうえで遣り甲斐とは何なのでしょうか?
人によって違うとは思いますが、やはり患者さんたちから感謝された時が一番やりがいを感じるのではないでしょうか。
笑顔でありがとうと言われたらやっぱりすごく嬉しいですものね。
また患者さんが退院されたり病気が完治したりした時も嬉しいですし、力になれてよかったと心から思いますよね!


しっかり考えてから決めましょう

看護師という仕事はいつだって憧れの仕事ですし、頼もしい存在ですよね。
誰かの力になれる仕事ですからそんな職業につきたいと思う方も多いかと思いますが、その際にしっかり考えていただきたいのです。
他人の命を預かるので責任感の強い方や誰かを支えたいという気持ちが強い方には向いているかもしれません!

This entry was posted on 2014年1月31日.

看護師と交替制度問題

看護師の求人では例えば年収や勤務地などがよく注目を集めていますが、一度でも働いた事がある人なら必ずチェックするのがその病院が二交替制か三交替制かという事。地方の町病院や規模の小さい病院ではそもそも交替制自体が採用されていない所も多いのですが、これが都会の大病院や総合病院となると話は別、交替制や勤務形態、夜勤の有無などは決して蔑ろには出来ない比較項目です。


看護師求人における二交替派と三交替派

まず二交代制とは看護師のシフトを昼勤と夜勤の二つに分けた勤務形態の事を指します。例えば昼勤務の方が午前八時から午後八時、夜勤務の方が午後八時から翌朝八時までといった具合です。二交替制は一回の勤務時間が長くなりがちですが、その気になれば一切の夜勤が避けられる他、少なくとも12時間は次の仕事まで休む時間がある事になります。一方三交替制は看護師のシフトを昼勤、準夜勤、夜勤の三つに分けた勤務形態の事を言います。例えば昼勤務の方が午前8時から午後4時、準夜勤の方が午後4時から深夜0時、夜勤の方が0時から翌朝の8時までといった具合です。一度の勤務時間は二交替制に比べて短いもののシフトのうち2/3は夜間勤務になる他、人手の足りない職場では昼勤→夜勤といったシフトになる場合があります。こうなると次の仕事まで8時間しか休めないので病院で仮眠を取る方も多いとか。二交替と三交替にはそれぞれ長短がありますが、自分の好みにあった交代制を選択する事が大切です。

This entry was posted on 2014年1月24日.

看護師の男性割合と男性看護師のメリット

看護師は女性の仕事というイメージが強くありましたが、現在では男性もナースとして働く人が増えているそうです。まだ全体に割合では5パーセント程度と非常に低いようですが、年々、看護師を希望する男性は増えており、男性看護師を迎え入れる体制を整える病院も増加傾向にあると言われています。


男性看護師がいるメリット

男性看護師のメリットは、やはり肉体的に女性よりも力があるという点でしょう。看護の現場では患者さんを持ち上げるなど、力が必要な場合も多くあります。また、今までは男性の看護ももちろん女性が行ってきましたが、やはり同性でないと相談しにくいことも、たくさんあります。そのような面でも、男性が増えることで患者さんの精神的な負担が減る可能性があると考える病院は多いそうです。


環境や更衣室なども問題がある

今までは女性しかいませんでしたから、更衣室も女性用があればよかったのですが、男性が増えると問題になるのは施設のことです。ナース服に着替えなくてはいけませんから、更衣室はもちろん必要ですし、夜勤などに備えた仮眠室が必要な場合もあります。男女一緒に、というわけにはいかないことから、病院側では男性看護師を受け入れるために施設なども増やさなくてはいけないという負担はあるようです。

This entry was posted on 2014年1月24日.

看護師のナース服の多様化

最近、病院へは行きましたか?今まで看護師の服装は真っ白いナース服というイメージがありましたが、現在ではナース服もカラフルに、かわいいものが増えてきているそうです。また、過去よく利用されていたナースキャップは多くの病院で廃止されています。


時代で変わる看護師の服装

過去、看護師さんというと真っ白いナース服にナースキャップというイメージがありました。しかし、ナースキャップは現在、使用しないという病院が増えてきています。ナース服はシスターのかっこうが原点だと言われていますが、ナースキャップが点滴に引っかかってしまう、毎日洗うことができないため衛生的にも問題が多いという結論が出たのだそうです。


白だけじゃないナース服

病院によっては、ナース服そのものの指定をしておらず、看護師の好きな色の着用を認められているところもあるそうです。看護師の必要なペンライトなどの通信販売サイトでは、はんこやボールペン、時計、小さなはさみなどナースが必要なグッズがかわいいキャラクターデザインで売られています。ちょっと緊張する病院で、知っているキャラクターが見えたらちょっと安心するかもしれませんね。

This entry was posted on 2014年1月24日.

病院以外で看護師が活躍する場所

看護師の働く場所というと病院というイメージがありますが、病院以外にもナースが活躍できる場所はたくさんあります。高齢化が進んだ現在、介護の方面でも看護師は多く活躍していて、中には日勤のみの仕事もあるそうです。


介護の現場で活躍する看護師

介護といっても、介護施設やデイケア、訪問介護などサービスは様々です。老人ホームなどでは高齢者が寝泊りをしている施設ですから、夜勤もあります。一方、訪問介護などで高齢者の住む自宅を巡り、お年寄りの状態などを把握する仕事もあります。どのような看護をしたいのか、少ない数の患者さんと深く向き合いたい、多くの人の役に立ちたいなどでも、職種は大きく変わるでしょう。


既婚者に人気の高い学校看護の仕事

これはなかなか求人がないそうですが、既婚のナースに人気が高いのだそうです。私立の大学や高校などで保健室に常駐するナースのことで、普段は保健室に登校する生徒のケアや、けがをした生徒、具合の悪い生徒や先生の処置を行います。時間が決まっていることや、ほとんど残業がなく、体力的にも楽なことから、希望者が多いのだそうです。

This entry was posted on 2014年1月24日.

看護師の求人で確認したいこと

看護師は初めて就職する分には、大学などでも病院の紹介がありますが、転職をするとなると不規則な勤務時間から、難しい職業と言われています。そのため、看護師専門の転職サイトなどを利用して、橋渡しとなるコーディネーターを経由して転職を行うナースが多いそうです。


看護師求人では希望する勤務時間帯などもしっかりと

看護師として転職を希望するときに重視することはなんですか?今までの経験を活かして、同じ科で働きたい、科などは変わっても勤務時間帯を日勤だけにしたい、などあるかと思います。自分がどのように働きたいのかをしっかりとコーディネーターに伝えましょう。そのうえで、条件に合う求人を紹介してもらうようにすれば、無駄もないはずです。


介護施設や訪問看護など様々

多くの看護師転職サイトでは、総合病院だけでなく介護施設でナースとしての求人や、訪問看護、クリニックなどでの求人もあります。また、経験のあるコーディネーターが病院の特徴や、勤務形態の特徴なども教えてくれるかと思います。今の病院で自分が不満に思うことを解消できるよう、不安なことやわからないことはちゃんと聞くようにしましょう。

This entry was posted on 2014年1月24日.