看護師の男性割合と男性看護師のメリット

看護師は女性の仕事というイメージが強くありましたが、現在では男性もナースとして働く人が増えているそうです。まだ全体に割合では5パーセント程度と非常に低いようですが、年々、看護師を希望する男性は増えており、男性看護師を迎え入れる体制を整える病院も増加傾向にあると言われています。


男性看護師がいるメリット

男性看護師のメリットは、やはり肉体的に女性よりも力があるという点でしょう。看護の現場では患者さんを持ち上げるなど、力が必要な場合も多くあります。また、今までは男性の看護ももちろん女性が行ってきましたが、やはり同性でないと相談しにくいことも、たくさんあります。そのような面でも、男性が増えることで患者さんの精神的な負担が減る可能性があると考える病院は多いそうです。


環境や更衣室なども問題がある

今までは女性しかいませんでしたから、更衣室も女性用があればよかったのですが、男性が増えると問題になるのは施設のことです。ナース服に着替えなくてはいけませんから、更衣室はもちろん必要ですし、夜勤などに備えた仮眠室が必要な場合もあります。男女一緒に、というわけにはいかないことから、病院側では男性看護師を受け入れるために施設なども増やさなくてはいけないという負担はあるようです。

This entry was posted on 2014年1月24日. Bookmark the permalink.