看護師が転職をする際に利用するインターネットを利用する利点

インターネットなどで検索しますと多く看護師が転職するため便利なサイトがありますので、どこがいいのか迷ってしまいます。しかし、ただ見ているだけでは詳しい情報などは分かりません。やはり、登録をしてみるのがいちばんのようです。ですが、一度にいろいろなところに登録しますと、電話などの応対も大変になってきますから、早く転職したいからと欲張って登録しすぎないようにしましょう


<看護師として働く前にその病院の様子が詳しく分かる>

いざ新しい転職先が見つかり、働き始めたとしても自分の思い描いていた雰囲気とも違うし、何かしっくりいかないということもありがちです。ハローワークを利用して探すとそのようなことがありがちですが、サイトというのは紹介する病院の詳しい情報はしっかりと把握して伝えますし、登録すると専門のコンサルタントの方が責任を持って、相談に乗ってくれますから、とても安心です。


<必要なことは全部お任せ>

履歴書の書き方や、面接対策。今の職場を退職する際の注意点やアドバイスなど、その他にもいろいろサポートしてくれます。ですから、看護師の新たなスタートに向けてのバックアップ体制は万全。100%とはいきませんが、自分一人で悩まなくてもすむので、新たなスタートのために、安心して任せられます。

This entry was posted on 2014年4月11日.

転職すれば看護師でも給料は上がる?

今の給料に不満がある。
このような理由で転職活動をしている看護師の方はたくさんいらっしゃいます。
しかし、果たして実際に収入額が上がったという人は多いのでしょうか?


転職をして給料があがったという看護師は実は少ない

お金を職場選びの基準にしている人は、求人広告の給与の欄に特に注目していると思います。
しかし、その数字はあくまでも参考のものですので実際にその額がもらえるとは限りません。
そのため、結果的には前の職場とほとんど変わらない、もしくはそれよりも下がったというケースの方が多いといわれています。
給料が上がったのは、転職者の2割程度しかいないというデータもあります。
もし「ただただ今のお金の額に満足が行かない! もっとたくさんもらえるところに行きたい!」という気持ちで転職活動を行っている看護師の方がいらっしゃったら、現実はそううまくはいかないということを知っておいてください。


しかし、満足している人は多い

確かに給料の額はそんなに上がらないですが、転職して正解だったかという質問に対して、7割程度の人がYESと答えているようです。
この背景には、給料目当てで転職したとはいえ、前の職場よりも環境がよくなったのでお金のことが気にならなくなったということがあるようです。
つまり、お金で良好な職場環境を買ったともいえますね。
給料が変わらないもしくは下がったとはいえ、やはり働きやすさがないと満足感は得られませんし、長く働くこともできないと思うので、転職活動をする際はその点も意識しておくようにしましょう。

This entry was posted on 2015年7月1日.

看護師として職を探そう

看護師として職を探すのはあなたです。
さあ、すぐにでも行動をはじめて、希望通りの勤務地で、希望通りの職務を果たせるようにしましょう。働いていく上での苦しみや困難を少しでもすくなくすることができれば、誰でもないあなたが幸せになるための助けになります。
できれば何をしているときでも楽しいと感じたほうが良いですよね。そうでなくとも、苦しいやしんどいと思ってしまってはそのまま行動を続けるのは少し無理があるのではないですか?


理想の看護師になる

看護師として職を探す際に気をつけることは、自分がないたいと思う看護師像に近づいていけるかどうかです。自分のあこがれたあの看護師に近づくことができるのか、そのことを思い、心に留めながら求人情報を参照してください。


心穏やかに暮らす

心穏やかに生活するための工夫を凝らし続けましょう。そのために何をすれば良いのか、いつも模索を続けていくべきです。もがいてもがいて、何をするのも満足をし続けることなく、ここが安住の地かと思っても、いったん思い直してさらに努力を続けましょう。
そのあとでも良いじゃないですか。心を落ち着けるのは。そのあとまた心が落ち着かなくなったらその時はまた現状を変える努力をすれば良いんじゃです。

This entry was posted on 2015年2月23日.

看護師の病院以外での働く職場

看護師は病院で働くものと考えている方も多いと思います。従って、その職場の環境や労働条件によって、自分はその職業に向いてない場合に転職する人もいます。しかし慢性的に不足する看護の職場は他にもたくさん有ります。

病院以外にも選択肢の多い職業

病院以外を知ることで働く選択肢が多い職業として看護師があります。どうしても病院とセットで考えがちですが、保育所や養護学校、企業の健康管理室など多くあります。いずれの機関でも慢性的に不足していると言われています。せっかくの資格とスキルですので、諦めずに自分に向いている職場を探せば必ず見つかると思います。ただ患者さんの急変対応を考慮し、基本的な臨床の経験を求める募集も多いです。色々な機関で求められる重要な職種です。

老人施設での多く求められています

お年寄りの増加伴う老人福祉施設での看護師不足が問題となっています。本来看護職として行うべき処置を介護員が行うことや、職員の数が少ないため厳しい労働環境になる事ともあります。又、病院勤務のイメージから、老人施設でなかなか増えないのも現実です。しかし基本は看護処置で、利用者さんが落ち着いていれば体力的にも厳しくなく、残業時間も少ない場合が多いです。これを受け自分に向いている職場として働く人もいます。

This entry was posted on 2014年12月10日.

看護師の転職におけるクリニックの待遇の違い

看護師の待遇は、クリニックと総合病院、どちらに転職でもかなり違ってきます。転職は待遇だけではなく、キャリアアップがどれだけ望めるかでも変わります。どちらを選択すべきか悩ましいものですが、何を優先順位と考えるかがポイントとなります。近頃はクリニックへの転職希望も増えています。


<クリニック>

大都会か地方でも違いはありますが、往々にしてクリニックはフル勤務でも支給額が18万円前後が多くなります。正看護師にはそれに見合った待遇にしなければなりませんので、18万円となればかなり低いという印象です。そこで賃金が抑えられる准看護師を積極的に採用するというのが、クリニックも多く見られる傾向です。特別大都会の忙しいクリニックは3割ほど高く、24万円程度の支給額も望むことができます。クリニックでは夜勤がなく、人間関係についても良好な職場が多いとの感想が持たれます。職場の人間関係や環境などに辟易してしまったときには、クリニックへの転職することで気持ちが楽になったという人も多く見られます。即戦力が求められているケースがほとんどです。正看護師か准看護師かということよりも、どれだけの経験値があるのかを重視されることもあります。

<青森で人気の総合病院>
つがる総合病院 求人

This entry was posted on 2014年8月28日.

船の上で活躍する看護師の求人

豪華客船の旅のように、長旅を余儀なくされる場合に設置されるのがシップナースです。
タンカーや漁船のように女性の乗船を敬遠する船には看護師も乗ることも余り無いのですが、客船であれば看護師の乗船も求められます。
しかし日本には客船自体が少なく、船の医務室からの求人というのが大変少なくなっています。
しかし広義でツアーナースなどもシップナースに含まれていることから、付き添いといった方向で求人が出ている場合もあります。


<シップナースの仕事>

客員や乗務員の健康管理を行うのがシップナースと言われる看護師の主な仕事です。
船の上では緊急の自体にあってもすぐに対応できない場合もあることから、早めの判断が必要とされます。
何事もなければ健康診断程度の業務内容となりますが、救急に対応しなければならない場面にも出くわすことがあるでしょう。
看護師としての経験値の高さが、求人においても求められます。
高齢者の旅行者も増えていることですから、高齢者医療に携わった経験があると更に評価されることでしょう。
また様々な国の人とのコミュニケーションを図らなければなりませんので、英語力に長けていることは必要となります。
幅広い知識と経験を要される職場です。

This entry was posted on 2014年5月30日.

自分のしたい看護にあう求人を選ぼう

看護師の転職サイトが非常に便利だと言われています。看護師は資格を取ると、大学などの紹介で就職ができることから、就職が難しい時代も有利な資格と言われています。しかし、夜勤なども多いため転職活動を行うことが難しい職種となっています。


看護師として行いたい看護を

高齢化などの影響もあり、看護師の仕事の幅も病院だけではなくなってきました。介護施設などでも欠かせない存在の看護師ですし、実際に求人情報でも介護の現場でもナースを求める声は多いそうです。また病院の規模によっても看護師の行う仕事は違うものです。自分がどのような看護を行いたいか、患者さんとの距離なども併せて転職のときに考えてみましょう。


訪問看護の仕事も増加している

自宅で治療などを行いながら家族と住んでいる患者さんの家に訪問してケアを行う医療を訪問看護と呼んでいます。これは一人一人の患者さんと非常に距離が近く、また家族などともお話をする時間が長いものです。きめ細かいケアを、なるべく患者さんと近い距離で行いたいと望む場合は、このような方法もあると思います。また夜勤の有無、経験を積みたい科などでも大きく条件が変わることがあります。将来のビジョンを明確にするといいでしょう。

This entry was posted on 2014年3月13日.

より良い条件の看護師求人を求めて

様々な種類の仕事がある中、看護師の給料は比較的高いものとなっています。専門的な知識や技術を要する看護師は、誰でもなれる職業ではなく、不規則でハードな仕事だからこそより良い条件を求めて転職する人が増えています。


看護師の仕事内容

病院に勤務する看護師の仕事は、医師が診療するための補助や患者のお世話、家族への対応などを行います。一人一人病状も違う患者のお世話は、的確でかつスピーディーに行わなければなりません。間違えの許されない看護師の仕事は、常に神経を集中させる必要があるのです。また、人はいつ具合が悪くなるのか分かりません。夜中に治療を必要としている患者様はたくさんおり、夜勤も行わなければなりません。必要とされやりがいのある仕事ではありますが、体力的にも厳しい仕事と言えるでしょう。


看護師求人と活躍の場

厳しい仕事だからこそ、条件の良い所への転職を考えている人が多くいます。転職を考える理由として給料や勤務時間の他に希望の配属先で働けない、精神的負担、人間関係の問題が挙げられます。ハードな仕事をこなすには十分な休養が求められますが、夜勤がある看護師の仕事は生活のリズムを作ることが難しいのが現状です。看護師は病院以外にも保育所や養護学校、レジャー施設の医務室など活躍できる場がたくさんあります。看護師求人は豊富なことから、条件に合った職場を見つけることもできるでしょう。

This entry was posted on 2014年2月13日.

看護師の求人が増えてきている?

今では医者不足だと言われていますが、同時に看護師も不足しているそうで、求人の数も増えているのだそうです。
やはり医療系の仕事は忙しく誰かの為に、または医師をサポートしたりする仕事ですので大変ですがとてもやりがいを感じることのできる仕事だと思います。
確かにお休みが少なかったりしますが、現在ではローテーションで回しているところが多いので休みが取れない、といった心配もあまりないそうです。


看護師のやりがいはなんだろう?

看護師の求人広告は良く見かけますが、実際に看護師になって働くうえで遣り甲斐とは何なのでしょうか?
人によって違うとは思いますが、やはり患者さんたちから感謝された時が一番やりがいを感じるのではないでしょうか。
笑顔でありがとうと言われたらやっぱりすごく嬉しいですものね。
また患者さんが退院されたり病気が完治したりした時も嬉しいですし、力になれてよかったと心から思いますよね!


しっかり考えてから決めましょう

看護師という仕事はいつだって憧れの仕事ですし、頼もしい存在ですよね。
誰かの力になれる仕事ですからそんな職業につきたいと思う方も多いかと思いますが、その際にしっかり考えていただきたいのです。
他人の命を預かるので責任感の強い方や誰かを支えたいという気持ちが強い方には向いているかもしれません!

This entry was posted on 2014年1月31日.

看護師と交替制度問題

看護師の求人では例えば年収や勤務地などがよく注目を集めていますが、一度でも働いた事がある人なら必ずチェックするのがその病院が二交替制か三交替制かという事。地方の町病院や規模の小さい病院ではそもそも交替制自体が採用されていない所も多いのですが、これが都会の大病院や総合病院となると話は別、交替制や勤務形態、夜勤の有無などは決して蔑ろには出来ない比較項目です。


看護師求人における二交替派と三交替派

まず二交代制とは看護師のシフトを昼勤と夜勤の二つに分けた勤務形態の事を指します。例えば昼勤務の方が午前八時から午後八時、夜勤務の方が午後八時から翌朝八時までといった具合です。二交替制は一回の勤務時間が長くなりがちですが、その気になれば一切の夜勤が避けられる他、少なくとも12時間は次の仕事まで休む時間がある事になります。一方三交替制は看護師のシフトを昼勤、準夜勤、夜勤の三つに分けた勤務形態の事を言います。例えば昼勤務の方が午前8時から午後4時、準夜勤の方が午後4時から深夜0時、夜勤の方が0時から翌朝の8時までといった具合です。一度の勤務時間は二交替制に比べて短いもののシフトのうち2/3は夜間勤務になる他、人手の足りない職場では昼勤→夜勤といったシフトになる場合があります。こうなると次の仕事まで8時間しか休めないので病院で仮眠を取る方も多いとか。二交替と三交替にはそれぞれ長短がありますが、自分の好みにあった交代制を選択する事が大切です。

This entry was posted on 2014年1月24日.

看護師の男性割合と男性看護師のメリット

看護師は女性の仕事というイメージが強くありましたが、現在では男性もナースとして働く人が増えているそうです。まだ全体に割合では5パーセント程度と非常に低いようですが、年々、看護師を希望する男性は増えており、男性看護師を迎え入れる体制を整える病院も増加傾向にあると言われています。


男性看護師がいるメリット

男性看護師のメリットは、やはり肉体的に女性よりも力があるという点でしょう。看護の現場では患者さんを持ち上げるなど、力が必要な場合も多くあります。また、今までは男性の看護ももちろん女性が行ってきましたが、やはり同性でないと相談しにくいことも、たくさんあります。そのような面でも、男性が増えることで患者さんの精神的な負担が減る可能性があると考える病院は多いそうです。


環境や更衣室なども問題がある

今までは女性しかいませんでしたから、更衣室も女性用があればよかったのですが、男性が増えると問題になるのは施設のことです。ナース服に着替えなくてはいけませんから、更衣室はもちろん必要ですし、夜勤などに備えた仮眠室が必要な場合もあります。男女一緒に、というわけにはいかないことから、病院側では男性看護師を受け入れるために施設なども増やさなくてはいけないという負担はあるようです。

This entry was posted on 2014年1月24日.

看護師のナース服の多様化

最近、病院へは行きましたか?今まで看護師の服装は真っ白いナース服というイメージがありましたが、現在ではナース服もカラフルに、かわいいものが増えてきているそうです。また、過去よく利用されていたナースキャップは多くの病院で廃止されています。


時代で変わる看護師の服装

過去、看護師さんというと真っ白いナース服にナースキャップというイメージがありました。しかし、ナースキャップは現在、使用しないという病院が増えてきています。ナース服はシスターのかっこうが原点だと言われていますが、ナースキャップが点滴に引っかかってしまう、毎日洗うことができないため衛生的にも問題が多いという結論が出たのだそうです。


白だけじゃないナース服

病院によっては、ナース服そのものの指定をしておらず、看護師の好きな色の着用を認められているところもあるそうです。看護師の必要なペンライトなどの通信販売サイトでは、はんこやボールペン、時計、小さなはさみなどナースが必要なグッズがかわいいキャラクターデザインで売られています。ちょっと緊張する病院で、知っているキャラクターが見えたらちょっと安心するかもしれませんね。

This entry was posted on 2014年1月24日.

病院以外で看護師が活躍する場所

看護師の働く場所というと病院というイメージがありますが、病院以外にもナースが活躍できる場所はたくさんあります。高齢化が進んだ現在、介護の方面でも看護師は多く活躍していて、中には日勤のみの仕事もあるそうです。


介護の現場で活躍する看護師

介護といっても、介護施設やデイケア、訪問介護などサービスは様々です。老人ホームなどでは高齢者が寝泊りをしている施設ですから、夜勤もあります。一方、訪問介護などで高齢者の住む自宅を巡り、お年寄りの状態などを把握する仕事もあります。どのような看護をしたいのか、少ない数の患者さんと深く向き合いたい、多くの人の役に立ちたいなどでも、職種は大きく変わるでしょう。


既婚者に人気の高い学校看護の仕事

これはなかなか求人がないそうですが、既婚のナースに人気が高いのだそうです。私立の大学や高校などで保健室に常駐するナースのことで、普段は保健室に登校する生徒のケアや、けがをした生徒、具合の悪い生徒や先生の処置を行います。時間が決まっていることや、ほとんど残業がなく、体力的にも楽なことから、希望者が多いのだそうです。

This entry was posted on 2014年1月24日.

看護師の求人で確認したいこと

看護師は初めて就職する分には、大学などでも病院の紹介がありますが、転職をするとなると不規則な勤務時間から、難しい職業と言われています。そのため、看護師専門の転職サイトなどを利用して、橋渡しとなるコーディネーターを経由して転職を行うナースが多いそうです。


看護師求人では希望する勤務時間帯などもしっかりと

看護師として転職を希望するときに重視することはなんですか?今までの経験を活かして、同じ科で働きたい、科などは変わっても勤務時間帯を日勤だけにしたい、などあるかと思います。自分がどのように働きたいのかをしっかりとコーディネーターに伝えましょう。そのうえで、条件に合う求人を紹介してもらうようにすれば、無駄もないはずです。


介護施設や訪問看護など様々

多くの看護師転職サイトでは、総合病院だけでなく介護施設でナースとしての求人や、訪問看護、クリニックなどでの求人もあります。また、経験のあるコーディネーターが病院の特徴や、勤務形態の特徴なども教えてくれるかと思います。今の病院で自分が不満に思うことを解消できるよう、不安なことやわからないことはちゃんと聞くようにしましょう。

This entry was posted on 2014年1月24日.